6年目、アクセシビリティの祭典はリニューアルします!

アクセシビリティの祭典はこれまで5年間、アクセシビリティの普及を目指し、アクセシビリティの普及を世界全体で考える「Global Accessibility Awareness Day (GAAD)」に合わせて5月の第3木曜日に開催してきました。

今年からはステップアップして、「イノベーションを創造し、社会課題の解決を通じてアクセシビリティの発展を目指す」ことを目標に開催いたします。それが近い将来、より多くの障害者の自立に繋がれば、これ以上の幸せはありません。

主催の「チームアイコラボ」には、多様な障害者がいます。身体障害、視覚障害、聴覚障害、精神障害、知的障害、発達障害…etc。そして、そのそれぞれの中にも、さらに多様な障害があります。それは多様性が必要となった日本、高齢化先進国の日本にとってのリードユーザーであると思われます。

障害者&Web・AI・IoT、障害者&イノベーション、最新の支援技術、このいずれかにご興味のある方、ぜひ障害当事者達が描くアクセシビリティの近未来のセッション・展示をご覧にお越しください。