セッション1 [13時05分〜13時50分] インクルーシブ対応としての字幕のトレンド

スライド後日公開予定(一部編集)動画配信あり

ここ数年の技術発達により音声認識と自動翻訳の精度が急激にあがり、生活のいろいろなシーンで活用されるようになってきました。特にリアルタイム字幕での活用は情報共有の強力なツールとして位置づけられ、外国人対応や障害者対応(視聴覚、発達)の分野で採用されるケースが増えてきました。まさにいま音声認識と自動翻訳によるリアルタイム字幕は情報共有の場において言語や障害を超えたインクルーシブ対応の手段として定着しつつあります。

このセッションではアクセシビリティの祭典2019でも採用されているコミュニケーション支援アプリ「UDトーク」を取り上げ、リアルタイム字幕の技術的な仕組みから活用の最前線までご紹介します。また、聴覚障害者の視点で日本語音声認識字幕の普及に伴い大きく生活が変わったことなど、またこれからの当事者の暮らしに対してこうしたITの活用をどのように提案していくのかをディスカッションしたいと思います。

登壇者はUDトークの開発者でもあり東京都練馬区でインクルーシブな地域活動を展開する「青木秀仁(あおきひでひと)」と、塩野義製薬株式会社でコミュニケーションバリアフリープロジェクトを立ち上げ、社内外への普及啓発活動を展開、また兵庫県や神戸市で聴覚障害者団体の活動を続ける「原弘幸(はらひろゆき)」でお送りいたします。UDトークの面白い活用方法もハンズオンでご紹介しますのでぜひアプリをインストールの上ご参加ください。

    写真

    青木 秀仁

    Shamrock Records株式会社 代表取締役 / 一般社団法人 Code for Nerima 代表理事

    コミュニケーション支援アプリ「UDトーク」の開発者。音声認識と多言語翻訳技術に精通し「Smilingual(スマイリンガル)」「声シャッター」などそれらの技術を活用したアプリをリリース。趣味は語学学習(英語、中国語、手話)。代表理事を務める一般社団法人Code for Nerimaでは東京都練馬区でITを活用したいろいろなイベントを企画。シビックテック団体として練馬区と一緒に地域課題の解決に取り組む。

    写真

    原 弘幸

    1)塩野義製薬株式会社 経営戦略本部 経理財務部 専任課長
    2)特定非営利活動法人 兵庫県難聴者福祉協会 理事兼労働対策準備室長
    3)特定非営利活動法人 神戸ろうあ協会 灘支部役員
    4)特定非営利活動法人 インフォメーションギャップバスター プロジェクトメンバー
    5)灘区聴力言語障害者福祉協会 役員

    1972年名古屋生まれ、東京育ち、神戸は23年間在住。家族全員聴者。
    先天性感音性難聴(90dB 障害者手帳3級) 補聴器両耳装着。親の方針で聾学校へは通わずに当時実験的だったインテグレーション教育のため、幼少時に東京へ。地域の普通学校へ通いながら、幼少時から小学校5年まで日本聾話学校で口話の勉強をする。2015年、会社で起こしたプロジェクトの関係で音声認識ツールやアクセシビリティに詳しいろう者や中途失聴者と出会い、その過程でろう文化や日本手話、難聴者の世界に興味を持ち始めた。2016年7月より手話を開始、2017年より当事者団体へ入会する。最近はろう者・難聴者のための音楽イベントを企画している。本業は会計、国際税務をしているが、実は本能で動く芸術家肌タイプ